大都市都市公園機能実態共同調査

大都市都市公園機能実態共同調査とは

平成3年から全国の政令指定都市が参加して、各都市の都市公園担当者が抱える共通の課題について調査することを目的に始められ、その成果は、国へ提言することで制度の改善や新規施策として盛り込まれるなどしてきました。近年は、参加都市の数も増え都市公園に限らず公園緑地を取り巻く様々な課題に関する調査にも取り組んでいます。

調査年度調査項目
平成 23 年度
平成 22 年度
平成 21 年度
平成 20 年度
平成 19 年度
1 2